ベビービョルンのハイチェアの口コミ!いつからいつまで使えるの?
スポンサーリンク

こんにちは!ベビービョルンのハイチェアに毎日感謝しているまきです😃

ベビービョルンのハイチェアの口コミをまとめました。

次男のために購入したのですが、2歳の長男がどうしても欲しいと言うので、うちには2台のハイチェアがありますw

長男
あかたん(次男)のおイスカッコいいし、座りやすいからボクもいる!
今のイスやだ!かえっこす〜る〜😫

まき
いや、このイスは赤ちゃん用だから、3歳になったら使えないんだよ!
今から買うにはもったいないんだよ!

こんなやり取りもあったのですが、長男(2歳半)の熱意に負けてもう一つ購入することになったのです・・・

ベビービョルンのハイチェアについて口コミは?

アマゾンで確認したところ、925件のレビューで5つ星のうち4.7でした!

ほんと感動の使いやすさで、皆さんテンション上がってます(・∀・)

ベビービョルンの抱っこ紐が断トツで使いやすいので、同じメーカーのこのイスのことも気になり、1歳4カ月の息子のために購入しました。

購入して大正解でした。
組み立てが非常に簡単な上に頑丈です。

今までチェアベルトや飲食店でお借りした木製チェアからもすぐさま脱出してしまうようになって困っていたのですが、このイスでは大人しく座っていられて、感動!
ベビービョルン信者になりそうです笑

 

上の子が使っていた長く使えるよくある木の椅子を1歳になる娘が使っていました。

食事中すぐ椅子の上に立って机にあがろうとする、床は食べこぼしがいっぱい、さぁご飯終わった〜と下におろしたら今度は椅子にのぼってくる。

危ないから椅子をふいて別の部屋に移動。大きくて重いから移動途中に柱にガンっとぶつけテンション下がる。これを一日3回繰り返しておりもう嫌〜!

立てない椅子ないのとスマホで探したら見つけました。でも高いなぁと迷ったけれどポチ。
昼間に注文して、まさかのその日の夜に届きました。すごーい。

娘を座らせてみると机をバンバンして嬉しそう。

飽きて出ようとしたらうーん出れない。何をどうしても出れない。えーーーん(TOT)

フフフーでれないねー(笑)出れないと分かったらあきらめるんですね。

ちゃんとご飯を食べてました。食べこぼしお腹の隙間がないのでかーなり減ります。

はぁー嬉しいです。下におろしても椅子にのぼれずえーん。フフフー。

今までのストレスから解放されました!高いと思っていたけどいい買い物しました。

もっと早くに出会いたかったです。おすすめ!

離乳食を始めるにあたり購入。

5ヶ月でお座りできるちょっと前から使用しましたが、座る面が小さいのと背もたれの高さがあるのと、テーブルがセットされるので普通に座れて便利でした。

本人もとても気に入って座っています。ズレて姿勢が崩れることもなく、きちんと座って使えます。

慣れるまでは、レビューで見たようにうちの場合も夫がよく脚につまづいてました。

あと、うちの場合、私がキッチンで料理を作っている時に隣に置いて座って見学したりして使う時もあり今の所いい買い物をしたなと思います。

スポンサーリンク

ベビービョルン ハイチェアのメリット

抜け出せない、立ち上がれない

うちは男の子2人なので、2人ともイスに座らせれば立ち上がり、周りのものを触ろうとしたり、イスから降りようとします。

でも絶対に抜け出せない構造です。

1歳の次男は足を置くところに立って出てこようとしますが、まぁ無理です😁

絶対に動かないでほしいときには、2人をハイチェアに座らせておけば大丈夫なので、とても助かっています。

姿勢がよくなる

ベビービョルンは抱っこ紐もそうですが、人間工学に基づいたデザインというだけあって、赤ちゃんの姿勢に無理がないなと感じます。

次男は離乳食をあまり食べなかったのですが、このハイチェアを購入してから、もりもりと食べる子に変身しました。

6ヶ月でまだきちんとお座りができていないから、ハイチェアは難しいかなと思っていたのですが、かなり良い姿勢で座ることができました!

2歳の長男もこのハイチェアだと、足をブラブラさせずに落ち着いて食べるようになりました。

子供の機嫌がいい

料理の途中などでグズられると困ってしまいますよね😣

でもこのハイチェアに座らせて、テーブルにおもちゃを置くと、ちょっと新鮮な感じで一人で遊んでくれることもあります。

長男も食事のときでなくても、テレビを見るために座ったりしているので、子どもにとっても座りやすいようです。

居心地がいいって大切ですよね!

子どもが蹴っても倒れない

2歳の長男は、ハイチェアに座った状態で大人用のテーブルを蹴って遊ぶことがありました^^;

そうするとはずみでハイチェアが倒れそうになったり、テーブルが動いたりして、本当に危ないからやめなさい!とよく怒っていました。

でもベビービョルンのハイチェアに変えてからは、たまに蹴って遊んでみるもののハイチェアが倒れそうになることはないので、つまらないようですw

5キロと軽量ですが、しっかりした作りです!

お手入れがしやすい

ハイチェアのテーブルは取り外して洗えます。

イスや足の部分は、お口拭きに使っているウェットティッシュでササッと拭いています。

細かい溝などがあると、そこに食べ物が入り込んだりするのですが、このハイチェアはそういう隙間がないので、お手入れもとても簡単です!

折りたためばコンパクト

長男がカトージのプレミアムベビーチェアを使っていたのですが、組み立てると大きさはほぼ変わりません。

設置するために必要なスペースの大きさは、ほぼ同じくらいと考えて大丈夫です。

折りたためば約26センチになるので、次の子が使うまで収納したいとか、車で運びたいというときにも便利です。

乗せおろしも楽ちん!

2歳の長男は自分でハイチェアに座ることができます。

テーブルをカッチャンとすることもできるので、手伝う必要はありません。

降ろすときには抱っこしていますが、座っている高さから持ち上げる必要がないのであまり負担はありません。

 

1歳の次男は自分で乗り降りできませんが、手すりなどがないので、乗せおろしは楽だなと感じます。

1歳になってから、自分で足をいいポジションに置いてくれるようになり、さらに楽になりました😃

ベビービョルン ハイチェアのデメリット

メリットたくさんのハイチェアですが、少しだけデメリットも・・・

値段が高い

一番のデメリットは高価であることですね。

公式サイトで購入すると27000円(税込み)となっています。

アマゾンでは19,980(税込み)ですので、これはアマゾンで購入しないと損です!!

7000円の違いは大きいですので、気をつけてくださいね😃

私は2台ともアマゾンで購入しましたが、すぐに届きますし、ベビービョルンの箱で届いて何も問題はありませんでした。

 

高価ではありますが、その分本当に役に立つのでオススメはできます😃

メルカリで売るとだいたい13000〜17000円くらいで売れているので、使い終わったら売れると思えば、私のように2歳半で購入しようか迷っている方にもオススメできます!

売ろうと思う方は、きれいに使うように心がけましょう!

ハイチェアの足に引っかかる

慣れるまでは、ハイチェアの後ろの足に引っかかりやすいと思います。

うちでは私と主人、私の両親、長男みんなコケたことがありますw

慣れれば感覚がつかめますが、それまでは引っかからないように、少し遠回りしないといけません。

3歳までしか使えない

ベビービョルンの公式サイトでは、ハイチェアの対象年齢が6ヶ月〜3歳ごろまでとなっています。

長男はもう少しで3歳になってしまうのですが、このハイチェアがお気に入りなので本人が納得するまで使ってもらおうと思っています。

ベビーチェアはもう少し長く使えるものもたくさんありますので、これはデメリットになるかなというところです。

いつからいつまで使えるの?

ベビービョルンの公式サイトでは、対象年齢が6ヶ月〜3歳ごろとなっていますが、実際はどうなのでしょう?

使い始めは、お座りがそこそこできる程度であれば大丈夫です。

次男は6ヶ月でしっかり座れるという感じではありませんでしたが、目を離さないようにしていれば使うことができました。

体も小さいので、目は離さないように気をつけましょう!

 

長男は現在2歳9ヶ月、体重14キロでお腹の3段階調整は真ん中でまだ余裕があります。

ということは3歳半くらいまではいけるのでは?と思っています😃

本人はもっともっと使いたいそうですが、使えなくなったらまたお伝えしますね!

ベビービョルンのハイチェアを卒業したら

ベビービョルンのハイチェアを卒業したら、ぜひぜひメルカリで売ることをオススメします!

ベビーグッズは、必要でもすぐに使わなくなるものも多いので、私はよくメルカリを利用しています。

ベビービョルンのハイチェアのような人気商品は、必ずといえるくらい売れますので、安心して購入できますよ(*゚∀゚)

そして売ったお金で、また新しい子どもグッズを購入できるというメルカリのようなサービスには、本当に感謝しています!

  • ベビービョルンのハイチェアは口コミでも相当な人気!
  • 高価だけど、絶対オススメできる神ハイチェア(・∀・)
  • 3歳までと書いてあるけど、もう少し乗れるかも
  • ハイチェアを卒業したら、メルカリで売りましょう!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事